しまね地域おこし協力隊note

地域おこし協力隊の募集情報や活動を紹介する島根県公式noteです(しまね暮らし推進課運…

しまね地域おこし協力隊note

地域おこし協力隊の募集情報や活動を紹介する島根県公式noteです(しまね暮らし推進課運営)。19市町村の地域おこし協力隊の募集情報や活動日誌はマガジンをご覧ください。

リンク

ウィジェット

マガジン

  • しまね地域おこし協力隊 募集情報

    島根県19市町村の地域おこし協力隊の募集情報をまとめています。地域おこし協力隊を検討中の方、ぜひご覧ください。

  • しまね地域おこし協力隊 ピックアップ

    島根県の地域おこし協力隊の各種サポート情報や、市町村の地域おこし協力隊に関連する取り組みの取材記事などを掲載していきます。

  • しまね地域おこし協力隊 活動日誌

    島根県19市町村の地域おこし協力隊の活動日誌をまとめています。地域おこし協力隊の自己紹介、活動報告、活動告知などをご覧いただけます。

しまね地域おこし協力隊 募集情報

島根県19市町村の地域おこし協力隊の募集情報をまとめています。地域おこし協力隊を検討中の方、ぜひご覧ください。

くわしく見る

【島根県津和野町】津和野城下の町並みの維持・保全に関わる仕事をしてみませんか(地域おこし協力隊募集)

津和野の町並みや文化財に関わる仕事です 津和野町は島根県の一番西の端、山口県境にある小さな町です。 江戸時代には津和野藩の中心地として栄え、文豪森鴎外や哲学者西周(にし・あまね)の出身地でもあります。 現在、津和野城下町を中心とする地域は国の重要伝統的建造物群保存地区に選定され、歴史を感じさせる町並みを残しています。 この町並みを守り、未来へつないでいくために、私たちと一緒に働きませんか。 地域で活動する団体や住民と、行政との間を取り持って、城下町の町並みの維持や保

スキ
1

【知夫村】地域おこし協力隊募集情報

1.募集人数・調理員(若干名) 2.募集条件年齢 18歳以上 性別不問 人の話をよく聞き、元気で明るく積極的な方が望ましい。 普通自動車運転免許を持っていること。 調理の仕事に興味のある方。(調理師免許の有無は問いません) その他 家族での移住歓迎。 3.業務・活動知夫里島開発株式会社(ホテル知夫の里)の職員として、以下の業務に従事します。 ホテル知夫の里の調理業務 その他、上記に付帯する業務  (シフト制応相談) 4.採用時期 合格者と協議により決定し

スキ
2

【島根県雲南市】資源が循環するまちをつくりたい!「資源循環コーディネーター」募集!

募集にあたって 現在、世界では二酸化炭素の増加に伴う地球温暖化が進み、気候変動による異常気象が発生しています。そうした中、雲南市も2021年に豪雨災害にあいました。このことをきっかけに、雲南市では2022年に脱炭素宣言を行っています。これは、2050年までの脱炭素社会の実現を目指すもので、市民・事業者・行政等関係者がお互いに学びあい協力連携を図ることで地域循環型社会を構築し、持続可能な地球環境づくりに挑戦しているものです。  今回募集する「資源循環コーディネーター」は、その中

スキ
4

【松江市】現在、募集情報はありません。

今後募集する際には、市HPおよびnoteに情報を掲載いたします。 ▼協力隊紹介はこちら(市HP) https://www.city.matsue.lg.jp/kurashi_tetsuzuki/ijuteiju/15455.html

スキ
1

しまね地域おこし協力隊 ピックアップ

島根県の地域おこし協力隊の各種サポート情報や、市町村の地域おこし協力隊に関連する取り組みの取材記事などを掲載していきます。

くわしく見る

島根県の地域おこし協力隊OB・OGと会える! 2024イベント出展情報

しまね地域おこし協力隊noteをお読みいただきありがとうございます! 島根県の地域おこし協力隊OB・OGが2024下記の東京や大阪のイベントに出展します。 島根県に興味のある方、協力隊について興味のある方、大歓迎です!なんでもご相談ください! ぜひ、私たちに会いにきてくださいね! 【出展予定イベント】※情報は随時アップしていきます。 ◆6月15日(土)  しまね移住相談会 in 東京 日時 2024年6月15日(土)11:00~16:00 会場 東京交通会館12階 カ

スキ
22

島根県の地域おこし協力隊の隊員数

 島根県では、制度が始まった平成21(2009)年から地域おこし協力隊を受け入れてきました。島根県は19市町村あるのですが、その全ての自治体で隊員を導入しています。平成28(2016)年には県内の隊員数が200を超え、以降、毎年200名前後の隊員が島根県各地で活躍中です。隊員数では、北海道、長野県に次ぐ3位が数年続きますが、近年は協力隊を導入する自治体が全国的に増え令和4年度は9位(215人)となりました。 令和5年度の島根県の地域おこし協力隊の隊員数  島根県の地域おこ

スキ
41

島根県の地域おこし協力隊サポート体制

 島根県、公益財団法人ふるさと島根定住財団、一般社団法人しまね協力隊ネットワークが協力して、地域おこし協力隊のサポートに取り組んでいます。地域づくりの経験がない隊員でも、活動を始められるように、人口減少が進む島根の課題に触れ、地域へのアプローチ方法や、行政の仕組みを学ぶ機会を確保。これまで島根で活動してきた協力隊OBOGの知見を伝え、つながりを作ることを大切にしています。 基礎研修や地域おこし協力隊員・自治体職員合同研修の他、活動発表会や生業づくり研修、現地視察型の研修交流会

スキ
13

マガジン紹介【ピックアップ】

 しまね地域おこし協力隊noteでは、地域おこし協力隊の各種サポート情報や、独自に取材した地域おこし協力隊のピックアップ情報をこちらのマガジンにまとめていきます。気になった方はぜひこちらをご覧ください。 マガジン【ピックアップ】  島根県では、地域おこし協力隊のサポートを、島根県しまね暮らし推進課、公益財団法人ふるさと島根定住財団、一般社団法人しまね協力隊ネットワークの3者が協働して取り組んでいます。  島根県内での地域おこし協力隊を対象にした各種研修会やサポート事業をは

スキ
9

しまね地域おこし協力隊 活動日誌

島根県19市町村の地域おこし協力隊の活動日誌をまとめています。地域おこし協力隊の自己紹介、活動報告、活動告知などをご覧いただけます。

くわしく見る

R6採用 隠岐の島町地域おこし&集落支援員を紹介します

令和6年度は、7名(地域おこし協力隊6名・集落支援員1名)の新しい仲間が隠岐の島町に集まりました。 島ならではの生活を楽しみながら、ミッションに取り組んで貰っています♪

スキ
7

【地域おこし協力隊自己紹介】松森 実(島根県邑南町)

2024年4月1日に地域おこし協力隊(学校ICT支援員)として、松森 実さんが着任しました! 名前  :松森 実(まつもり みのる) 肩書  :学校ICT支援員 出身地 :千葉県 活動内容:授業や校務のICT活用支援、教職員や児童生徒への研修・講座の企画等を通じて、学校での「より良い学び」が実現できるようお手伝いします。健康センター元気館内の教育委員会事務所で主に勤務しています。  私のバックグラウンドは30 年以上にわたってICT 業界でセールスやマーケティングの仕事に

スキ
11

1年間の活動報告@大人の山留学レポート

とうとう大人の山留学生を卒業する日が近づいてきました。 バリ交流担当として活動していく中で、多くの方と関わりを持つことができ、今ではバリ交流にとどまらず、色々なジャンルの仕事をさせていただいています。 バリ訪問、バリとみさとと。まつり、ポスター・チラシ制作、美郷町note、ホームページ制作など、他にもたくさんの今までにない経験をさせていただきました。 先日、地域おこし協力隊活動報告会に混ざって、私の1年間の活動報告を行いました。今回はその一部を紹介します。 私がやって

スキ
30

【地域おこし協力隊自己紹介】後藤 響介 (島根県江津市)

 名 前 : 後藤 響介(ごとう きょうすけ)  肩 書 : 江津市地域おこし協力隊        一般社団法人イワミノチカラ スタッフ 活動場所 : 江津市内各地、主に江津本町(江津町) ミッション: 江津市のシティプロモーション できること: どこでも「楽しい」を見つけること したいこと: 江津での「楽しい」を続けること 自己紹介  後藤 響介、1990年1月3日生まれ、地元は神奈川県横浜市です。  大学は神戸、最初の就職で岡山、横浜にいったん戻ってここに来る直前は鎌

スキ
18